広州にあるnitoriのお店

広州には現在、日本の家具/雑貨販売チェーンであるNITORI(ニトリ)のお店が一店舗だけ出店しています。(中国全土には34店舗あるようです。)

広州のニトリの所在地

お店は金沙洲のイオンモール内に所在しています。

永旺梦乐城(イオンモール)广州金沙
广州市白云区沙凤三路1号

ここは佛山市と広州市の境目に程近く、広州の中心区からは離れていますので、広州在住の日本人からは「こんなに遠いの・・・。」というご意見が一番多いかと思います。

地下鉄は6号線ですが、駅からさらに離れているため、タクシーか無料シャトルバスを使うことをおすすめします。

http://jinsha.aeonmall-china.com/static/detail/shuttlebus#

品揃え、価格帯

お店の広さは日本によくあるニトリと比べると、店舗面積がずっと小さいようです。家具のエリアが大体4分の1、それ以外は雑貨、布団、カーテンなどになります。

雑貨の品揃えは概ね日本の商品をそのまま持ってきた感じ、これは日本人には嬉しいですね。またいくつかの商品はちゃんと中国市場向けに中国語印刷がされているようです。

中国での市場価格

日系のブランドは中国での市場価格は日本のそれよりも高いのが常なのですが、ニトリではその価格差が比較的小さいと思いました。

具体的には、今回私はこのチェアーを購入したのですが、

これが699元で販売されていました。因みに日本の通販では同等のモデルで9990円(税込)でした。

今回の商品はお店になかったため、その場で支払いをしてからお店に納入されるのを待つ必要がありました。

送料について

家具の場合、1990元以上の購入で送料が無料になるそうです。また、それ以下の価格の場合でも、49元の送料を支払えば自宅に届けてくれるとのこと。

だがしかし!

私の購入したチェアは家具分類ではなく、雑貨(座椅子)のカテゴリに入る商品とのことで、雑貨類の送付はしていないということでお店まで取りに来る必要があるとお店の人に言われました。この場所は遠いのでわざわざ商品のピックアップをし、さらにタクシーで運んで帰るのは費用/労力的になかなかのロスです。正直これはサービスの改善を期待したいところですね。

今回はその他に湯呑、お箸、お盆などのキッチン用品を購入しました。いままではキッチン用品はikeaかTaobaoに頼っていましたが、ニトリが選べることでかなり便利になると思いました。

インターネットでも買える

ニトリは中国でも自社サイトで通販を行っていますので、じつはそこで直接送料負担(一定金額以上は無料)をすれば自宅まで送付されるそうです。現物をみるためにお店を訪問する必要がありますが、必ずしも買って持って帰るより、ネットで注文して届けてもらうのもいいですね。

https://www.nitori-net.cn/

お店を訪問してみて

正直中国の市場価格でもそのリーズナブル感は感じましたし、その上でニトリの商品開発力を感じる魅力のあるニトリアイテムがそのまま販売されていますので、中国人買い物客も多く入っていました。おそらく今後も順調に中国で店舗展開を進められるブランドだという印象を受けましたね。また、このお店はあまり大きくありませんでしたが、認知度が高まればさらに大きな店舗の展開も問題ないのではないかと思いました。

↓この記事が気に入った方は、ポチッとして頂けると励みになります♪

にほんブログ村

外国人永久居留証身分証の取得方法

中国版のグリーンカードと言われる、外国人永住許可身分証についてまとめて見ました。

外国人永住許可証の申請条件

申請には以下のいずれかの条件を満たしている必要があります。


(1) 中国への直接投資、3年連続の投資状況の安定、良好な納税記録がある

(2) 中国で副総経理、副工場長、その他の役職以上、または准教授、副研究員、その他の副上級職以上を有し、同等の待遇を享受し、4年連続で中国に3年以上滞在し、納税記録が良好である。

(3) 中国に対する重要かつ顕著な貢献と、国家からの特別な需要がある。

(4) 第1項~第3項に規定する者の配偶者及び18歳未満の未婚の子供。

(5) 中国市民または中国で永住権を取得した外国人の配偶者で、結婚関係が5年間存続し、中国に5年連続で居住し、毎年9ヶ月以上中国に居住し、安定した生活保障と住居を有する者。

ちなみに名称に永久とありますが、実施の有効期限は10年。

また保持者は毎年3ヶ月以上中国に居住しなくてはならないという規定がありますが、居住区の公安局に届ければ4年までは大丈夫だそうです。申請費用は1800元。

この身分証があれば高速鉄道などが中国人と同じように(機械が対応していれば)身分証タッチで乗れますし、ホテルなどもこの身分証で宿泊可能になります。

ただし、納税義務がありますので日本でも収入がある方は注意が必要です。

↓この記事が気に入った方は、ポチッとして頂けると励みになります♪

にほんブログ村

広州地下鉄8号線

広州地下鉄8号線は文化公園駅を起点とし、晓港を経由して東は海珠区新港东路の万胜围駅を終点とします。晓港駅から万胜围駅は旧2号線を線路とし、2005年12月28日に第一期が開通しました。その後、二期工事として8号線の凤凰新村から晓港の間に新しく四つの駅が設けられ、全長4.1Km、それぞれ凤凰新村、沙园、宝岗大道、昌岗の四つの駅が追加されました。そのうち昌岗駅は2010年9月28に開通、また昌岗から凤凰新村の区間は2010年11月3日に開通しました。

三期

文化公园→华林寺→陈家祠→彩虹桥(未開通)→西村→鹅掌坦→同徳→上步→聚龙→石谭→小坪→石井→亭岗→滘心

文化公园駅から滘心駅までの北方向の延線が20年11月26日に開通。

今後の計画

①東延線:万胜围→新洲→长洲→化龙→广汽基地。(各駅は暫定の計画)

②北延線:最新の計画によると、将来は白云湖からさらに北に延伸し、广州北站まで連結、海珠区と花都区の直線移動距離を縮め、花都区の副都心と広州旧市街である越秀、荔湾、海珠、白雲を一体にし、広州北駅から花都南部の発展に大きく貢献する見込みがあります。


↓この記事が気に入った方は、ポチッとして頂けると励みになります♪

にほんブログ村

広州の生活情報